法律事務所Ren

あなたは1人ではございません。私がお守り致します。

- 吉岡 和紀 -


  • 民事事件
  • 刑事事件
  • 交通事故
  • 離婚
  • その他

法律事務所Renとは

離婚事件や交通事故、債務整理その他の一般民事事件及び刑事事件を主に扱っております。ご相談者様の声に深く耳を傾けさせていただき、お一人お一人にとって一番良い解決を実現できるよう努めております。

Renの由来は、泥の中にあって美しく咲く「蓮」のように、お悩みを抱えたご依頼者様にとって解決への希望となりたいといった思いを込めております。


弁護士プロフィール

吉岡 和紀 (よしおか かずのり)

昭和49年2月11日生 東京大学法学部卒。
平成11年司法試験に合格し、平成13年9月横浜弁護士会登録。
平成16年7月1日、法律事務所Ren設立。

主な取扱分野は、離婚、相続といった家事法のほか交通事故、債務整理、損害賠償請求その他一般の民事事件に加え、刑事事件も担当いたします。平成22年12月8日には、傷害事件で無罪判決を勝ち取りました。ご依頼者様のお気持ちを最大限尊重し、同じ目線で問題の解決に努めております。

所属団体 : 横浜弁護士会


法律事務所Renのポリシー

◆当然ですが、まずはご相談者様の置かれているお立場、環境等に基づき、そのお気持ちまでも酌み取れるように、ご相談者様のお話を傾聴させて頂きます。

◆その上で、客観的に「できること」、「できないこと」の区分を、出来るだけ早い段階でご相談者様に説明し、ご理解の共有を図ります。 (もちろん、あくまでその時点での実現可能性の大小という意味です)

◆そして「実現可能性が相対的に高い」場合は、慎重かつ確実に、ご相談者様のご希望の実現に向け、真摯に、スピーディに、解決に向けて動きます。

◆他方、「実現可能性が相対的に低い」と思われる場合も、その状況をご相談者様にご理解頂くと同時に,それでも、ご相談者様のご希望に少しでも添えるよう粘り強く打開策を検討し、ご相談者様にとって一番良い解決が図れるよう、同じ目線に立って共に解決の途を模索し、その実現に努めます。

◆最後に、ご相談者様が不利な立場に置かれている場合であっても、「こちらだけが100%悪い」といった事態は、あまりありません。たとえ周りからの非難を受けても、「あなた様にも言い分があるはず」です。当事務所では、そんな「あなた様の言い分」を最大限サポートし、ご相談者様にとって、ご家族ご友人と同様、あなた様の味方としてお守り致します。


料金

メール相談料:メールでのご相談は、原則として受け付けておりません。

電話相談料:お電話でのご相談は、原則として受け付けておりません。

面談相談料:30分あたり5,400円(税込)


実績

【刑事事件】
・平成19年に窃盗事案で再度の執行猶予つき判決取得。
・平成22年12月8日、傷害事件で無罪判決を獲得。
・平成23年には、共同「正犯」として起訴された事例で「従犯」へと認定落ちの判決を取得。
・平成28年1月29日 殺人未遂で逮捕され、傷害等で起訴された案件で、無罪判決を獲得。
・その他、執行猶予つき判決を獲得した事例多数。

【交通事故】
・提訴前に後遺症非該当の例で、裁判を通じて、後遺症を認定して頂いた例が複数あります。
・後遺障害14級の事例において、67歳までの期間につき、約20年に渡る労働能力喪失を認定された例。

【離婚】
・DV事案で、保護命令の決定を頂いた例。
・夫が不貞相手との間にも子供をもうけ、それを理由に本妻への婚姻費用の支払いを渋った事例で、適正金額の婚姻費用を認めさせた例。
・離婚そのものを強く拒む夫との間で、交渉、調停、裁判を通じて離婚を勝ち取った例が多数。
・不貞事案において、慰謝料請求が認められた例多数。
・その他、解決金名目で、ご相談者様のご希望額に沿った調停や和解を成立させた例多数。

【その他】
・借地からの立ち退きを求められた事案で、ご相談者様のご希望に添う形で、家主の提示額を大きく上回る立退料を交渉で取得した例。
・不当解雇事案で、給与1年分相当額の解決金を交渉で取得した例。
・損害賠償請求等の被告側に立った例で、請求の放棄を獲得した例や、請求額を大幅に減額させた例。


アクセス

法律事務所 Ren
〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町155 NKビル4階401
TEL : 045-222-3917/FAX : 045-222-8577



・みなとみらい線「日本大通」駅3番出口から徒歩5分
・1階に「和楽」というお蕎麦屋さんが入っているビルの4階です。